銀行カードローンのメリット

銀行カードローンには、どんなメリットがあるのでしょうか?一番のメリットは、なんといっても『総量規制対象外』ということです。カードローンには銀行系の他に、消費者金融や信販会社などいくつかの金融機関があります。

しかしこれらは総量規制があり、借入の上限が年収1/3以内でなければ融資を受けることはできません。銀行系の場合、この総量規制がありませんから、年収に関係なく融資を受けることができるようになります。たとえば、年収が150万円だったとしましょう。

消費者金融の場合50万円が借入の上限額になりますが、銀行系の場合50万円以上の借入も可能になるというわけです。要するにこれは、年収1/3以上の借入をしたいという方は、断然銀行系のほうがメリットになりやすいということになります。

もちろん、総量規制対象外だけでなく、嬉しいメリットはたくさんあります。1つ目は、『金利が低い』こと。2つ目は、『最高限度額が大きい』ということ。銀行によって金利設定は違いますが、消費者金融系のカードローン金利に比べるとその低さは一目瞭然です。

最高限度額も、500万円・800万円・1,000万円と自由に選べるところもあります。さらに、即日融資ができる銀行カードローンもありますから、お金を借りる上で好条件ばかり揃っているのが銀行系の大きなメリットになります。

ただその反面、審査が厳しく、通りにくいというデメリットもあります。好条件が揃っているからこそ、手軽に借入できないのも銀行カードローンです。